最低でも揃えて置きたい防災グッズ

持ち出し袋は安全に逃げる為の準備も

タイミングを見て素早く動けるように、非常持ち出し袋には安全に逃げる事ができるように対策をしておきましょう。
底が厚くなっている携帯用の靴、軍手、防災ずきん等の頭を守るもの、笛、ライトなど、がれきの中でも逃げやすい装備は必要です。
ライトも両手が空くようにヘッドライトの方が役立ちます。
季節にもよりますが出来れば水は2リットル、携帯食料、飴などの食料品、着替え、大きめブランケット、電池や電源が無くても充電できる携帯充電器、ラジオ、お金は小銭や千円札を入れておくと安心です。
水道が止まったり使えるトイレは混雑するので、携帯トイレは意外と重要です。
常備薬や傷の手当ができる最低限の救急セットも入れておいた方が良いですね。

さっと持ち出して、安全な場所まで避難したらすこしの間は自分のリュックサックの中の物で過ごせるグッズを入れておきましょう。

自宅に揃えるものは電気やガス対策も

家から逃げる程の被害はなかったとしても、電気やガスや水道がストップしてしまう事が考えられます。
復旧の目処が立たなくても困らないように防災グッズを備えておきましょう。

ラジオ、ライト、電池、携帯コンロは最低限用意しておきたいですね。
防災用品も工夫されていて、ルームライトの電球が非常時に懐中電灯になるものも発売されています。
アウトドア用品は屋外でも生活できるようになっているので非常時にも役立ちます。

銀行がしばらく機能しなかった事も考えてお金の用意もしておきましょう。
紙幣は千円札、小銭など細かい方が緊急時には役立ちます。

また、外出時に地震などの災害に合う事もあるでしょう。
携帯電話を電池で充電できるもの、電話用の小銭、テレホンカード、筆記用具、マスクや飴などは常にバックに入れておくと助かります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る