食品の備蓄を考える

水は絶対に必要です

水は非常用持ち出し袋にも入れておく必要がありますが、それとは別に家の中にも常備しておきましょう。

災害時には清潔な飲料水は貴重になります。
飲料目的以外にも、水は何かと使用するので1日1人2リットルから4リットルあるのが理想だと言われています。
最低3日分は用意が必要で、できれば1週間は貯蓄しておきたいです。

ウォーターサーバの中には、災害時に対応できるように電気が止まっても水が使用できるようになっているものもあります。
水は大目に備えておくと便利ではありますが、とりあえず購入してそのまま置きっぱなしにもなりがちです。
宅配されて、常に使いまわしながら常に備蓄して置くと知らない間に賞味期限が切れていて、いざと言う時に使えない何て事も避けられます。

無駄になる食料備蓄はやめる

食料備蓄は、もし地震が来たらどうしようと言う不安の影響を受けやすく、缶詰などは買うだけ買って使わずに賞味期限が切れて気が付いたら大量に破棄されている事も多く問題になっています。
最低限の食料もそれぞれの家庭で違ってくるものです。

その為、あえて非常用として確保するのではなく、日常的に備蓄をするという新しい考えが提案されています。
普段の生活で使用するような、例えば乾麺やツナやコーンの缶詰などを余分に購入して置いて適度消費しながら常にストックしておけるようにするそうです。

地震以外にも、大雪などでは搬送用のトラックが到着できない為にスーパーやコンビニに行っても食料が手に入らない場合もあります。
日常的に使う食品がストックであれば、当面の生活に困らないで済みますね。

不安で不要な備蓄してしまうのではなく、普段の生活の中で賢く備蓄をするのが理想です。


この記事をシェアする
TOPへ戻る